処刑場や幽霊で有名なロンドン塔の見どころ9選!歴史や入場料も紹介

ロンドン塔

処刑場や幽霊で有名なイギリスにあるロンドン塔について、もっと深く知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ロンドン塔は、1000年の歴史を誇る要塞であり、時代の流れとともに要塞から王宮や牢獄、財宝保管所、動物園、造幣局と役割を変えてきました。

今回の記事では、王家の装飾品や歴代王の武器、牢獄などな数々の見どころを紹介します。ぜひ参考にしてロンドン塔へ行ってみてください.

1.処刑場や牢獄はゾッとする!ロンドン塔の見どころ9選

1-1 見どころスポット①「ヨーマン・ウォーダーズ」

ヨーマン・ウォーダーズとは、ロンドン塔を守る退役軍人です。濃紺と赤のビクトリア朝の制服を着ているのがヨーマン・ウォーダーなので、すぐに分かると思います。式典の際には、赤と金の上着というチューダー朝時代の華麗な服装をするそうです。

ロンドン塔内に住み、夜警、見学者の安全確認をしています。彼らは15世紀からロンドン塔を守ってきた人達で、現在は22年以上軍隊で勤務した退役軍人です。

また、ヨーマン・ウォーダーには面白いあだ名があります。牛肉を食べる人、つまり「ビーフイーター」というあだ名です。ロンドン市民の食べ物が不足した時代、王に対する忠節を保つよう、当時高級だった牛肉の配給を受けていたことに由来したそうです。

貴族でもないのに恵まれた境遇だったため、フランス語で「食事番」を意味する言葉が語源になっているという説もあります。いずれにしろ、今は愛称として親しみを込めて呼ばれています。

1-2 見どころスポット②「反逆者の門」

ロンドン塔にある内側の城壁に入る直前の歩道で、人々が見下ろしている場所があり、外側の城壁に門があります。これはテムズ川とロンドン塔を繋ぐ「反逆者の門」という門です。

ロンドン塔は牢獄としての役割も果たしており、ロンドン塔内に閉じ込められる人は、すぐ隣りのテムズ川からこの門をくぐり、ボートで運び入れられたのです。

エリザベス1世も女王になる前、「反逆者の門」をくぐってロンドン塔に幽閉されました。この門をくぐると生きては帰れない、と当時は言われていましたが、エリザベス1世は潔白だったので無事に脱出することが出来たとのことです。

彼女の幽閉は何週にも渡りましたが、牢獄に入れられた人の刑期はまちまちで、長い人では断続的に25年間も拘禁されたそうです。

1-3 見どころスポット③「渡りガラスと動物園」

ロンドン塔の城壁内に入ると、大きなカラスが飼育されているのが見えると思います。これは世界最大級と言われる「渡りガラス」で、英語名は「レイヴン」です。日本では嫌われるカラスですが、いったいなぜ飼育されている理由をご存知でしょうか。

実は、かつてロンドン塔に渡りガラスが多数住みつき、駆除しようとしました。しかし、ある占い師が「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れる。ロンドン塔が崩れると英国が滅びる。」と予言したのです。それ以来、渡りガラス6羽と予備の1羽を飼育するようになったとのことです。

また、13世紀の初め頃、ジョン王はロンドン塔内でライオンを飼っていました。その後、ヘンリー3世がヨーロッパの君主たちからライオン3頭、白クマとゾウ1頭ずつを贈られ、動物園となりました。そのライオン3頭は現在もサッカーとクリケットのイングランド代表のバッジのデザインに使われています。

1-4 見どころスポット④「ジュエル・ハウス」

ロンドン塔で決して見逃してはならない、城壁内への入り口から見て、一番奥にあるのがジュエリー・ハウスです。王や女王の身につける金糸のマントや、戴冠式などで実際に使われた杖など、値段もつけられないような宝飾品がたくさんあります。

その中でも、一番の見ものは世界有数の数々の冠です。中でも「偉大なアフリカの星」と呼ばれる見どころ溢れる巨大なダイヤモンドは見逃すことができません。このダイヤモンドの原石はカリナンと呼ばれ、3106カラットもあります。

1-5 見どころスポット⑤「ホワイト・タワー」

ロンドン塔の中で最初に建てられたのが、敷地の真ん中に見えるホワイト・タワーも見どころがあります。ホワイト・タワーという名前に疑問を持つ人もいるかもしれません。実際にはホワイトというより、グレーに近い色をしています。

大きさは縦32メートル、横36メートルの正方形に近い形で高さは27メートルあります。当時としては巨大な砦に、地元住民たちは恐れを抱いたそうです。

その後、王たちによりさまざまな大きさの塔、二重の城壁、深い堀などが造られ、難攻不落の要塞となりました。

塔は王たちの王宮でしたが、反逆や跡目争いの中では、このホワイト・タワーを手中にしたものこそが、勝利を収めるともいわれていました。つまり、この塔は力と権威の象徴だったのです。

現在は、イギリスの過去から現在にいたる武具が収められ、ホワイト・タワーは博物館として開放されています。

1-6 見どころスポット⑥「タワー・グリーン」

中央にあるホワイト・タワーを出ると、すぐ隣りにタワー・グリーンがあります。タワーと呼ばれていますが、実際には広場です。ロンドン塔に収監された囚人たちは、その身分によっていくつかの処刑場に分けられました。

貴族や王族などの身分の高い囚人に対しては、暗殺以外には名誉ある斬首刑(ざんしゅけい)が用いられていたそうです。ギロチンが発明される以前は斧が使われていました。

斬首刑は、セント・ピーター礼拝堂前の「タワー・グリーン」と呼ばれるこの広場で行われていました。タワー・グリーンは、ヘンリー8世の2番目の妻アン・ブーリンが1536年に処刑された場所として有名です。

1-7 見どころスポット⑦「ビーチャム・タワー」

ホワイト・タワーを背にして、タワー・グリーンの奥に見えるのがビーチャム・タワーになります。ビーチャム・タワーは、城壁の一部としても機能している塔です。石造りのシンプルな部屋は、牢獄として使われたことが多かったようです。

タワー内にある扉はとても小さく、比較的小柄な人であっても肩や頭をすくめながら潜り、やはり狭く細い階段を上っていかなければいけません。上階はギャラリーのように白く塗られた壁や天井とライトによって明るくなっています。

ロンドン塔