伝統工芸品とは何か?日本が誇る知ってほしい工芸品も徹底紹介

伝統工芸品

全国各地には、世界に誇れるすばらしい伝統工芸品が数多くあります。しかし、伝統工芸品について「あまりよく知らない」という方は、多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事は、「そもそも伝統工芸品とは何か?」という説明を踏まえながら、世界的に有名な伝統工芸品から、素晴らしいのにあまり知られていない逸品まで、独自の視点で選んだ日本の伝統工芸品10選を紹介します。

1.伝統工芸品とは、そもそもどういうものなのか?

伝統工芸品とは、長年受け継がれてきた手作りの技法で作られる、工芸的実用品の総称です。

日本には現在1,192品目の伝統工芸品があると言われており、主な品目としては、織物、染色品、陶磁器、漆器、木工品、竹工品、金工品、仏壇、仏具、和紙、文具(筆、墨、硯、そろばん)、石工品、人形、郷土玩具、扇子、団扇、和傘、提灯、和楽器、神祇調度、慶弔用品、工芸用具、工芸材料などが挙げられます。

都道府県別の品目数では京都府が最多で、以下栃木県、福島県、島根県、茨城県、滋賀県、東京都、山形県、香川県、三重県と続きます。

そして、伝統工芸品作りに従事している企業数は約25,000社で、従事者数は約14万人、生産額は約8,000億円となっています。

そしてこれら伝統工芸品の中にあって、経済産業大臣から「伝統的工芸品」と指定されているものが、2017年11月現在で230品目あります。

「伝統的」とは、およそ100年以上にわたって受け継がれた歴史があることを意味します。指定を受けるための要件は、法律で以下のように規定されています。

伝統的工芸品の指定要件

① 主として日常生活の用に供されるものであること。

② その製造過程の主要部分が手工業的であること。

③ 伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。

④ 伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。

⑤ 一定の地域において少なくない数の者がその製造を行い、又はその製造に従事しているものであること。

なお伝統的工芸品の指定に当たっては、「産地からの申請」がなければ審査対象とならないので、要件を十分満たしているにも関わらず、指定を受けていない工芸品も全国には少なくありません。

そのため指定の有無によって工芸品に優劣がつくわけではないので、その点は心に留めておきましょう。

2.世界的にも有名な日本の誇れる伝統工芸品5選

2-1 宮城伝統こけし(宮城)

宮城県には「鳴子(なるこ)」「作並(さくなみ)」「遠刈田(とおがった)」「弥治郎(やじろう)」「肘折(ひじおり)」の5つの伝統こけしがあります。

中でも「鳴子」は、日本の三大こけし発祥の地の一つとして全国的に知られ、現在でも約50人の工人が精魂込めて手作りを行なっています。

近年、日本では「こけし女子」「こけ女」と呼ばれる女性が増えるなど静かなブームとなっていますが、外国でもコレクターが登場したり、こけしを描いた児童書がニューヨークの書店でバカ売れするなど、「KOKESHI DOLLS」は人気のアイテムとなっています。

詳細ページ

2-2 南部鉄器(岩手)

日本で最初に(1975年)伝統的工芸品に指定された鋳物の一つであり、17世紀初めに当時盛岡一円を治めていた南部藩が、京都から茶釜職人を招いて湯釜を作らせたのが始まりです。

鉄を素材にして、焼型、乾燥型の方法で、文様押し、肌打ち、漆仕上げ等の工程を経て作られます。

中でも、錆を防ぐため約900℃の炭火の中に30分位鉄瓶を入れておく「金気(かなけ)止め」は、南部鉄器独自の技術として受け継がれています。

1960年代後半から輸出が始まり、現在ではそのまま「Nambu tekki」の名で人気を集めています。

伝統工芸品