これで安心!電車で忘れ物・失くし物をした時の対処法について

電車 忘れ物

電車を降りた後、傘や携帯電話、手荷物などがないことに気づき、「やってしまった…」と頭を抱えた経験はありませんでしょうか。 今回は電車の中で忘れ物や落し物をした時の対処法についてご紹介します。

また、持ち主が現れなかった忘れ物がどんな運命をたどるについてもまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

1.電車を降りてすぐ忘れ物をしたことに気づいたら

まずは落ち着いて、次の三つの項目について整理、確認、駅の係員に伝えましょう。

①忘れ物・落し物の特徴を整理

財布の場合なら外観、色、素材、入っていた現金の金額、中に入っているキャッシュカードやポイントカードの種類など

②自分が乗っていた電車に関する詳しい情報

例:JR東海道線の小田原行きで、17時10分に品川に到着した普通電車

③落とした、または置き忘れたと思われる場所

8号車の真ん中辺り、進行方向左側2人掛け座席の網棚の上

これらを正確に伝えることができれば、電車が向かった先の近くの駅で、駅員さんに回収してもらえる可能性が格段に高くなります。対処が早ければ早いほど、紛失という最悪のケースを回避できるわけです。

「何号車かなんて分からない」という時でも、「エスカレーターの近くだった」「降りたらすぐに売店が見えた」など、できる限りの情報を駅員に伝えることができれば、何号車に乗っていたかを判断してもらいやすくなります。

また、忘れ物がスマホやスマホの入ったバッグであれば、「iPhoneを探す」「Android デバイスマネージャー」等のスマホアプリを使って探しましょう。GPS機能でスマホの現在地を表示させることができます。

自分の持ち物というのはふだんから細かく見ていないことも多く、傘の取っ手の色や素材などに関しては、案外思い違いや思い込みがあったりもします。

バッグや財布、傘、スマホなどの失くしやすい持ち物については、言葉でどう説明できるかを日頃から意識しておくと、いざという時に役に立つかも知れません。

2.忘れ物を届け出た後の流れについて

届け出た後にすぐ忘れ物が発見された場合、乗っていた電車の終着駅、または途中駅で回収してもらえることがあります。その際は回収してくれた駅まで取りに行きましょう。

すぐに見つからない場合でも、見つけた人が駅に届けてから、忘れ物のデータベースに登録されるまでに時間がかかることもあります。

特に終電後に駅員や乗務員が車内を巡回して発見した時などは、登録されるまでに必ずタイムラグが発生します。

そのため「見つからない」と言われた場合も、時間を置いて定期的に根気よく問い合わせれば、後になって見つかることが多々あります。

3.日数が経ってから電車に忘れ物をしたことに気づいたら

各鉄道会社によって多少の違いはありますが、忘れ物は回収された駅で2~3日程度保管された後、忘れ物を集約しているターミナル駅でさらに数日間管理されます。

その間に落とし主が現れない場合、ターミナル駅を管轄している警察署の遺失物取扱窓口へ引き渡され、さらに3か月程保管されることになります。

そのため、しばらく日数が経った後で忘れ物・失くし物に気ついた時は、検索エンジンなどで「忘れ物 ◯◯電鉄」「忘れ物 ◯◯線」などと入力して調べてみましょう。適切な問い合わせ先が出てきます。

ちなみに関東のJR線及び私鉄で、拾得物が集約されるターミナル駅は以下の通りです。

鉄道関係遺失物のJR取りまとめ駅一覧表 警視庁

私鉄等の拾得物取りまとめ駅一覧表 警視庁

また、拾い主によっては警察署に直接届けていたり、別の鉄道会社の乗り入れ先で拾得・保管されていることもあります。

そのため自分が乗っていた鉄道会社内で発見できなかった場合や、私鉄・地下鉄をまたいで直通運転している電車に乗っていた場合は、それぞれの鉄道会社と警察署に連絡しておくことをおすすめします。



電車 忘れ物