マグロはいつが旬の時期?美味しい理由や豆知識も徹底紹介

マグロ 旬

日本人は大好きと言われているマグロ、家庭や寿司店などで刺身や寿司のネタとしてたくさん食べられている他、焼き魚やステーキ、缶詰など幅広く愛用されています。

しかし、マグロについて旬の時期とか、なぜ美味しいのかなど知らないことも多く、ここではマグロのあれこれについてご紹介します。

マグロはいつが旬の時期?美味しい理由や豆知識も徹底紹介

マグロの生態をまず知ろう

マグロの大きさはマグロの種類によって違いますが、全長は60 cm~4.5 mに達するものまである大きな魚で、重いマグロで体重680 kgを超えるマグロが取れたことがあります。

マグロは早いスピードで泳ぎますが、呼吸は海中で口とエラブタを開けて泳ぎ、この開いたところを通り抜ける海水で呼吸するため、泳ぎを止めると窒息し死んでしまいます。

そのため眠りながらでも泳いでいる魚です。

日本で食べられるマグロは?

マグロの種類はいろいろありますが、日本では主にクロマグロ=本マグロは北半球で取れ高級マグロとして寿司店や割烹などで刺身や寿司として提供されます。

また南半球で取れる「南マグロ」は品質や食味は本マグロ以上の脂の乗りがあることから本マグロより美味いとも言われおり、高級寿司店や料亭などで提供されています。

その他「メバチマグロ」や「ビンチョウマグロ」は家庭や回転ずしなどで手軽に食べられるマグロです。

マグロの美味しい旬の時期とは?

マグロの美味しい時期はマグロの種類によって違いますが本マグロは10月~1月が脂も乗って美味しい時期です。遠洋漁船は世界の海で旬のマグロを追いかけております。

冷凍技術や輸送が発達している現代では、マグロの種類が違っていつでも旬のマグロが市場に流通しており、いつでも美味しい時期になります。

また、本マグロは養殖モノと天然モノがあり、常にエサが飽和な養殖モノは、脂が乗っておりいつでも美味しく食べられます。

マグロ 旬