西と東の文化が交わるトルコ!食文化や特徴を旅行前にチェック

トルコ 文化

西と東の文化が交わる国のトルコは、文化交流の地として建築様式やその文化に特色があり、観光客からも高く評価されています。日本人がよくするあの動作も、トルコでは違う意味を持ってたりします。

今回は、そんなトルコの文化について紹介していきます。日本とトルコの文化の違いを知れば、ますますトルコが魅力的になる、そんな情報をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

1.世界的にも有名!トルコの食文化について

トルコ 食文化

1-1 世界三大料理の一つでもある「トルコ料理」

フランス料理、中国料理と並び世界三大料理とされるトルコ料理。トルコの人々はどんな食生活を送っているのでしょうか。

トルコ旅行に行く前にぜひチェックしておきましょう。

1-2 トルコのパンは世界一

トルコ人は食事の際、パンを必ずと言っていいほど食べます。なんとトルコのパン消費量は世界一、フランスパンで有名なフランスよりも多いので驚きです。

トルコではパンのことを「エキメッキ」と呼び、生活の糧という意味が込められています。朝食によく食べられるパンは、小麦粉と塩だけで作られるパンが主流で、すぐ固くなってしまうので、毎日焼きたてのパンを買います。

アパートに住んでいると管理人さんが買ってきてくれるので日本人には驚きの光景かもしれません。トルコのパンはたくさんの種類があります。

中が空洞になった平焼きの「ピタ」が有名ですが、その他にもドーナツ型の「シミット」や、生地にヨーグルトを混ぜた「ポアチャ」など数多くのパンが作られています。

1-3 トルコ料理といえばケバブ

ケバブと聞くとパンに肉を挟んだ食べ物を連想するかもしれませんが、ケバブとは本来「焼いた肉」を表す言葉。トルコでは、肉をくし(シシ)にさして豪快に焼く「シシ・ケバブ」の他、薄切りにした肉を重ね長い串にさし、くるくると回しながら側面から焼く「ドネル・ケバブ」が有名です。

日本にもケバブ屋さんが増えてきているので、食べたことがある方も多いのではないでしょうか。一般的に、ケバブに使われる肉は羊肉。ぶらーんと大きな肉の塊がぶら下がっていて、香ばしい匂いもするので食欲をそそります。 本場のケバブ、ぜひ味わってみたです。

1-4 トルコ風チャイ

トルコでは紅茶をチャイと言います。チャイというと、インド式のミルクたっぷりの紅茶を思い浮かべますが、トルコのチャイはもっと澄んでいて、紅茶に近い飲み物です。

トルコのお茶を入れるポットは日本のものと大きく異なり、二段式になっています。上のポットにはチャイの葉を、下のポットには熱いお湯を入れ、ゆっくりと15分以上時間をかけ、チャイの葉を蒸しながら美味しいお茶を入れます。

インド式のチャイともまた異なるトルコ風チャイ、ぜひ味わってみてください。

1-5 トルコアイス「ドンドゥルマ」

ぐーんと伸びる独特のトルコ風アイスをご存知でしょうか。実は日本で発売されているトルコ風アイスは、トルコの氷菓「ドンドゥルマ」を参考にしていますが、味も日本風にアレンジされており、ドンドゥルマとは似て非なるものです。

ドンドゥルマの粘り気はとても強く、トルコ人は水を片手に食べるそうです。味はミルクやチョコレートなど日本人に馴染みのあるものから、トウガラシを混ぜ込んだ意外なものまで多種多様。

店先で店員さんがアイスを伸ばして見せたり、お客さんに受け取らせなかったり、パフォーマンスとして楽しませてくれるのも特徴の一つです。

2.トルコの教育文化について

トルコ 文化

2-1 トルコの義務教育

トルコでは近年教育改革が行われています。1997年には義務教育期間が5年から8年に、さらに2012年には8年から12年に延長されました。

小学校4年、中学校4年、高校4年の12年制で、日本と同じ12年という義務教育期間ではありますがその区分は異なっています。

2-2 トルコの小学生が着る青い制服

トルコの公立小学生は青い制服を着ています。中に着るブラウスなどは自由なところが多く 、細かいデザインなどはいくつか種類があるようです。

3.旅行前に知っておこう!トルコの生活文化について

トルコ 文化

3-1 トルコはゆるいイスラム国家

トルコの人々の99%はイスラム教を信仰しています。イスラム教というと女性はスカーフを巻き素肌をなるべく見せないようにしたり、お酒を飲んではいけない決まりがあったり、そのようなイメージが強いですが、トルコは戒律のゆるいイスラム国家です。



トルコ 文化