うなぎパイはなぜ夜のお菓子?その知られざるエピソードに迫る

うなぎパイ

浜松の名物と言えば浜名湖のうなぎが有名ですが、お土産品では夜のお菓子で知られる「うなぎパイ」は外せません。でも、うなぎパイはどうして夜のお菓子と呼ばれるのでしょう。

この誰もが知っているキャッチフレーズ誕生の舞台裏を、うなぎパイにまつわるちょっとした豆知識とともにご紹介します。

うなぎパイはなぜ夜のお菓子?その知られざるエピソードに迫る

夜のお菓子と呼ばれる真実は「一家団らんへの社長の想い」

浜松出張の手土産で「うなぎパイを買ってきたよ」と聞けば、誰ともなく「おっ、夜のお菓子だね」という言葉が意味深な笑みとともに口をついて出てきます。

でも、全国ネットのTVCMで流れた訳でもない、浜松のローカルな菓子メーカー春華堂の商品キャッチフレーズが、なぜこれほどまで全国的な認知度を得ているのでしょうか。

そもそも夜のお菓子という売り文句は、春華堂の2代目社長・山崎幸一氏の発案によるものでした。

うなぎパイが発売を開始した昭和36年(1961)の日本は、まさに高度成長期の真っただ中。共働きの両親も増え、家族全員が一堂に揃う時間が減り始めていました。

そんな社会背景のもと、社長だった幸一氏が「夕食を囲む一家団らんのひとときをうなぎパイで過ごしてほしい」という想いを込めてつけたのが、夜のお菓子というキャッチフレーズだったのです。

世間のあらぬ解釈で夜のお菓子に別のイメージが

しかし、当時の浜松は、高度成長の原動力となったいくつもの企業が本社や工場を構え、夜の繁華街も全国で指折りの賑わいを見せていました。

そのため出張で浜松を訪れ、夜のお菓子というキャッチを目にしたビジネス客の多くが、「うなぎ=精力アップ」と結びつけてあらぬ解釈をしたおかげで、浜松の出張土産として大人気となったわけです。

うなぎパイ