まるで魔法学校!バチカン美術館の”螺旋階段”が幻想的すぎる

バチカン美術館の螺旋階段

どこまでも続いていくかのような幻想的な曲線を描く”螺旋階段”

こちらの写真はイタリア、バチカン市国の人気観光スポットバチカン美術館の螺旋階段です。

バチカン美術館といえば、「ラオコーン」やラファエロの「キリストの変容」などの有名作品が展示されていますが、作品以外にも斬新なデザインの螺旋階段で有名なのです。

その幻想的すぎる螺旋ワールドは、思わずシャッターを切ってしまうフォトジュニュックポイントです。

1. バチカン美術館の螺旋階段が美しすぎる

この螺旋階段はバチカン市国の様々な公共施設を手がけたジュゼッペ・モーモの設計で1932年に完成したものです。

よく見てみると、この螺旋階段は二重の螺旋で構成されているのにお気づきでしょうか。

つまり、上りと下りがそれぞれ別の道になっているため、行き交う人がぶつかることがないのです。芸術的でありながら、とても実用的なデザインなのですね。

実はこの螺旋階段の幅は下に降りるほど狭くなっています。

ですので、上からのぞき込むと遠近感に作用して実際よりも遠くまで螺旋階段が続いているように感じさせるのです。



バチカン美術館の螺旋階段