ウインナーコーヒーとは何か?由来や意味、飲み方も簡単紹介

ウインナーコーヒーとは

ウインナーコーヒーとは、コーヒーの上にホイップクリームを浮かせたコーヒーの事です。

今回の記事では、「ウインナーコーヒーって一体どういう飲み物なんだろう?」という疑問にお答えしながら、発祥や名前の由来などについて解説していきます。

本記事を読んでウインナーコーヒーをより身近なものにして、ウインナーコーヒーを楽しみましょう。

ウインナーコーヒーとは何か。

ちょっぴり濃いめのコーヒーの上にホイップクリームをとぐろを巻くようにこれでもかというほど浮かせたコーヒーを、ウインナーコーヒーと呼びます。

ウインナーが入ってるわけではないの?

ウインナーという言葉がついていますが、決してお肉のウインナーが入っているコーヒーではありません。

初めてウインナーコーヒーという名前を聞いた時に、「ウインナーが入っているコーヒー?とんでもないものがあるもんだ」と思った方もいらっしゃると思いますが、間違いです。

このウインナーというのは「ウイーン風の」という意味

オーストリアの首都ウイーンでよく飲まれている「アシュインペンナー」という名前のコーヒーを、日本ではウインナーコーヒーと呼んでいます。

アシュインペンナーは一頭立ての馬車という意味で、馬車の御者がお客さんを待っているときに人気があったため、この名前になったそうです。

今でいうとタクシーの運転手がお客さん待ちをしていた時に人気があった飲み物といったところで、日本発祥だったら「缶コーヒー」にでもなるかもしれないですね。

ちなみに、ウインナーコーヒーは意外なことに和製英語なため、ウィーンで「ウインナーコーヒーをお願いします」と注文しても通じません。

ホイップクリームがたっぷり乗ったコーヒーをウィーンで飲みたいときは「アシュインペンナーをお願いします」と伝えましょう。

ウインナーコーヒーの飲み方は?かき混ぜる?

結論から言うと、混ぜて飲んでもそのまま飲んでも構いません。

どちらでも構わないのですが、「ウインナーコーヒーの魅力を存分に味わいたい!」という方には、混ぜないでそのまま飲むのがおすすめです。

山盛りのホイップクリームがのった状態でコーヒーを飲むと、まずホイップクリームが舌に触れて甘さを感じ、その次に苦みを感じるという二段階の味わいを楽しむことができます。

また、時間が経つごとにホイップクリームがコーヒーに溶けていきますので、コーヒーの味が少しずつ変わっていき、変化するまろやかな味わいを楽しむことができるのです。

是非混ぜずに飲んでみましょう。そうすれば、2度も3度もウインナーコーヒー独特の別の味を楽しむことのできます。

ウインナーコーヒーはどこで飲める?

ウインナーコーヒーは、喫茶店に行けば高い確率でメニューに含まれています。ただし、チェーン店の場合は少し注意が必要です。

例えば、スターバックスの場合はウインナーコーヒーというメニューはありません。近いものを作ってもらおうとすると、ブレンドコーヒーに追加でホイップクリームという手段はあります。

ですが、スターバックスのホイップクリームには砂糖が入っていないため、段階的な味わいを求める場合はスターバックスでは難しいと言えるでしょう。

とはいえ、街中の個人でやっている喫茶店であれば、甘いホイップクリームがたっぷり乗ったウインナーコーヒーを楽しむことができるお店が多いです。

最後に

いかがでしたでしょうか。ウインナーコーヒーは、音楽の都ウイーンが発祥で濃いめのコーヒーの上にホイップクリームがたっぷりのコーヒーです。

ウインナーコーヒーの魅力を十分に堪能するためには、そのまま飲んでホイップクリームとコーヒーの段階的な味わいを感じるのがおすすめと言えます。

疲れてしまって、「まろやかで甘いコーヒーが飲みたい」というようなときにオススメのコーヒーです。ウインナーコーヒーを美味しく飲んで、優雅なウイーン気分を味わいましょう。

ウインナーコーヒーとは