和歌山県のおすすめ名産品!美味しいグルメや果物がいっぱい

和歌山 名産

和歌山県は紀伊半島の西側に位置する県ですが、高野山や那智の滝、熊野古道、戦争遺産である友ヶ島などの観光地を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、観光地をイメージできても、県の全体をイメージできる人はそう多くはないのではないでしょう。

今回の記事では、そんな和歌山県の名産品をご紹介します。和歌山の魅力を少しでもお伝えし、事前に知識がある状態で旅行するとより楽しくなることでしょう。ぜひ参考にしてください。

【果物編】和歌山のおすすめ名産品特集

和歌山のおすすめ名産果物①「柑橘類」

和歌山というと「みかん」を連想する人は多いと思います。

ごく普通の「みかん」は「温州みかん」といい、愛媛や静岡も産地として有名ですが、2016年の生産量日本一は和歌山県で、全国20%のシェアを誇ります。

和歌山県の温暖な気候と、冬でも日当たりの良い斜面が多いことが、みかんの生育に適しているのです。有名な「有田みかん」は和歌山のみかんブランドです。

和歌山の温州みかんはさまざまに加工され、お土産としても喜ばれています。爽やかな香りと酸味のみかんはジャムをはじめ、タルトやまんじゅうなどのお菓子類、リキュールなどにも利用されています。

温州みかんだけではなく、和歌山では多くの柑橘類が栽培されています。八朔やオレンジも毎年全国1,2を争う生産量をあげていますし、夏ミカン、三宝柑なども多く出荷されています。

和歌山のおすすめ名産果物②「梅」

紀州梅も和歌山を代表する農産物です。約7万トンという収穫量は全国シェアの約6割にもなります。温暖で日照時間が長い和歌山県中部で採れる「紀州南高梅」は高級ブランドとして名が通っています。

梅干し、ジュースやジャムなど梅の加工品はお土産としても和歌山らしいものです。梅も惣菜系、お菓子系、飲み物系など幅広く使われており、新しい商品も続々と開発されています。

和歌山のおすすめ名産果物③「柿」

和歌山の柿も有名です。「あんぽ柿」は水分が半分になるくらいまで天日干しした柿で、半生のようなみずみずしさと羊羹のような甘みが贅沢な逸品です。

柿の葉で押し寿司を巻いた「柿の葉寿司」も和歌山に行ったら是非食べてみたい名物です。

梅や柑橘類などをコンポートしてジュレに閉じ込めた、一度に何種類もの代表的な和歌山名産のフルーツを味わえる贅沢な品が「わかやまポンチ」です。

彩りも鮮やかで日持ちもするのでお土産や贈答品にぴったりです。

わかやまポンチの紹介ページ

【海産物編】和歌山のおすすめ名産品特集

和歌山のおすすめ名産海産物①「クエ」

クエは体長1メートル以上にもなる大きな魚で、関東以北にはあまり出回りませんが、和歌山県では年間を通して出回っています。中でも日高町はクエの町として知られています。

クエは鍋料理にするのが一般的ですが、刺身やひれ酒も地元では親しまれています。クエは和歌山に行ったら是非食べたい食材の一つです。

和歌山のおすすめ名産海産物②「くじら」

太地町は昔から捕鯨の町として有名です。和歌山では郷土料理として鯨の肉を使ったものが多くありますが、一般的なのは肉に下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げた「鯨の竜田揚げ」です。これは2007年に「日本の郷土料理百選」にも選ばれています。

また、「はりはり鍋」と呼ばれる、鯨肉と水菜を用いた鍋料理も有名です。この2つの食材以外は入れないのがオリジナルですが、今では色々なバリエーションがあります。

その他の海産物

カツオや伊勢海老、太刀魚やマグロなども和歌山近海で多く獲れる魚介類です。魚が食べたくなったら、これらがないか尋ねてみてください。

【名物グルメ、郷土料理編】和歌山のおすすめ名産品特集

和歌山の名物グルメ①「和歌山ラーメン」

今では全国的に有名になった、豚骨醤油味の「和歌山ラーメン」ですが、ラーメン自体に特別感はあまり感じられないかもしれません。むしろ、現地では和歌山独特のラーメン文化を味わってもらいたいと思います。

和歌山では通常ラーメンは「中華そば」または単に「中華」と呼びます。チャーシュー麺は「特製中華」と言われます。盛りは少な目、というのもラーメンの前に「早寿司」と呼ばれる鯖寿司を食する習慣があるからです。

ゆで卵がテーブルの上に置かれている店も多く、お勘定の時は食べた早寿司と卵の数を自己申請するのも、他地域とは大きく違う習慣です。知らないと戸惑いますが、和歌山ではこのようなラーメン文化の違いを味わえます。

和歌山のおすすめ名物グルメ②「めはり寿司」

めはり寿司とは、大きなおにぎりを高菜の葉の浅漬けでくるんだものです。おにぎりは酢飯や醤油味、具の入ったものなど色々なバリエーションがあります。



和歌山 名産