本物のわらび餅は黒っぽい?わらび餅の原料、正体の謎に迫る

わらび餅 原料

夏の風物詩として老若男女に親しまれている「わらび餅」。でも、スーパーやコンビニなどで見かける白っぽくて涼しげなわらび餅は、残念ながら“本物の”わらび餅ではありません。

では、ふだん私たちが食べているわらび餅の正体はいったい何なのか、そして本物のわらび餅とはどう違うのか。今回の記事では、わらび餅の原料や作り方などの疑問に迫ってみました。

1.まずは歴史を紹介!わらび餅は平安の世から親しまれてきた

わらび(蕨)と言えば煮物や炒め物、おひたしなどの食材として、古くから日本の食卓ではおなじみの山菜です。

そして元々はわらび餅も、わらびの地下茎から得られるデンプン(わらび粉)を原料としているため、その名前が付けられました。

わらび餅の歴史をたどると、平安時代の醍醐天皇(885-930)の好物だったとの説があったり、戦国時代にもわらび餅を詠んだ歌が残っていたりするなど、お茶菓子として長きにわたって親しまれてきたことがうかがえます。

2.本来の原料、わらび粉100%の「本わらび餅」は黒っぽい

わらび100%のわらび粉は、粉が黒や琥珀に近い色をしています。そのためわらび粉で作られたわらび餅も、そのまま黒っぽいこんにゃくのような色となります。

しかし、私たちがふだん食べているわらび餅は、白っぽい半透明の涼しげな色合いをしています。それはなぜでしょうか。

実は、スーパーなどの店先に並んでいるわらび餅のほとんどは、サツマイモやタピオカから取れたデンプン、あるいはくず粉が原料です。

つまりわらび餅とは名ばかりで、わらび粉は使われていないのです。

わらび粉は昔から手に入りにくかったため、すでに江戸時代には、わらび粉にくず粉を混ぜたわらび餅が数多く出回っていたそうです。

それらと区別するため、わらび粉で作ったものは今日「本わらび餅」と呼ばれていますが、白っぽいあのわらび餅も、それなりに年季の入った食文化の一つと言えるかも知れません。

3.原料のわらび粉は取れる量が少なく、製造に手間暇のかかる希少品

わらび粉は、わらびの地下茎を掘り起こし、叩いてほぐして、冷水で洗って取り出したデンプンを乾燥させて作ります。

わらび餅 原料