くじらと触れ合える!和歌山のくじら博物館とおすすめ観光地

くじら博物館太地町オブジェ

日本でもなかなか他の場所では見ることができないくじらたちのショーをぜひご覧いただくのはどうでしょうか。

ちなみにくじらショーで見られるくじらの種類は、くじらの中でも小型種のゴンドウクジラ種になります。小型種と言っても2mオーバーなのは驚きです。

2-4 イルカに直接エサをあげられる。

くじら博物館

くじらの博物館の施設内には、くじらやイルカに餌付けをすることができるスポットがあります。バケツ単位で餌となる魚を購入し、桟橋から実際に手渡しでくじらやイルカに餌を与えることができます。

目の前でくじらやイルカが大きな口をあけて餌を待っている姿は、とても可愛らしいとともに、その大きさの迫力に圧倒されます。くじらの博物館で、餌を与えるという珍しい経験をしてみてください。

3.くじらの博物館だけじゃない!和歌山県のおすすめ観光スポット

上記では太地町のご紹介と、くじらの博物館のご紹介をしてきましたが、和歌山県には他にも観光すべき魅力的なスポットがたくさんあります。

和歌山県は広く、時間が限られる中ですべてのおすすめスポットを回ることは不可能なので、特におすすめのスポットやグルメを厳選してご紹介します。

3-1 太地町 くじら料理

くじら博物館

くじらの博物館でくじらと触れ合って、くじらを食べることには気が引けるかもしれませんが、太地町を訪れたらぜひ一度はくじらを食べて頂きたいです。生き物の命を頂くことに感謝して、ありがたく頂戴するのはどうでしょうか。

ちなみに筆者は太地町の宿でくじら料理を美味しく戴きましたが、太地町にあるくじらを祀ってある恵比寿神社というところに事前に参拝に行ってから戴きました。

3-2 那智勝浦町 那智の滝

那智の滝

太地町から程近くの那智勝浦町にある日本三大瀑布の那智の滝です。太地町からは車で30分ほどです。

熊野那智大社の中にあり、落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の大滝には畏敬の念を覚えます。

太地町まで足を運んだなら、絶対にセットで行きたい観光スポットです。

3-3 白浜町 市内観光

白浜とれとれ市場

和歌山県一の観光地と言っても過言ではない白浜町もぜひ足を運びたい所です。時間があまり無かったとしても、西日本最大級の海鮮市場である「とれとれ市場」でのご飯はマストで行きたい場所です。美味しい海鮮料理が楽しめるだけでなく、マグロを解体している様子等も見ることができます。

また時間があれば、夏であれば海水浴、万葉の時代から湯壺が使われている温泉である「崎の湯」を始めとした温泉、さらに時間があれば「アドベンチャーワールド」でパンダと触れ合ってみてください。

ちなみに「崎の湯」は海目前のかなりワイルドな立地ですので実際に行くかどうかは事前調査をしっかり行ってからにしてください。

3-4 和歌山市 和歌山ラーメン

和歌山ラーメン

和歌山ラーメンもぜひ一食は食べて頂きたいです。横浜の家系ラーメンにも似た醤油とんこつのこってり味です。ただ中華そばの面影も残っており、懐かしさも感じるラーメンです。

一番人気は和歌山市内の「井出商店」ですが、那智勝浦にも姉妹店がありますし、他の店舗でも十分美味しいお店は多く選択肢は豊富ですのでプランに合わせて足を運んでみてください。

またラーメンと一緒に茹で卵と巻きずしを食べるのも和歌山風ですのでぜひ試してください。

4.まとめ

太地町やくじらの博物館について興味を持って頂けたでしょうか。

少しでも興味を持って頂けたのであれば、一度くじらと触れ合いに訪れてみてはいかがでしょうか。

きっと普段の旅行とは一味違う経験ができるはずです。みなさんが貴重な旅行の経験をされていただければ幸いです。



くじら博物館太地町オブジェ