【初心者マニュアル】ワーキングホリデーについて1から説明!

ワーキングホリデー

「ワーキングホリデーって聞いたことがあるけど、どんな制度?」「周りにワーキングホリデー経験者がいないからイメージが湧かない」などと悩んでいませんでしょうか。

私も実際に自分がワーホリに行く前は、全くイメージが湧きませんでした。ワーキングホリデー(通称ワーホリ)は最近ではメジャーになってきて、多くの人が利用しているプログラムです。

このワーホリビザはとても自由度が高く、学校に行くこともでき、現地で働くこともできる最強のビザです。厳しい審査もないので、申請さえすればほぼ取得することができます。

この記事では実際にオーストラリアで1年間ワーホリを経験した筆者が、ワーホリの制度の詳しい説明から必要な費用、実際に経験したから話せる体験談を紹介しています。

1.そもそもワーキングホリデーってなに?

そもそもワーホリとはどのような制度なのか紹介したいと思います。簡単に説明すると協定締結国の国民に対し、各国の文化を理解することを目的として始まった制度で、1980年から始まりました。

協定を結んでいる国は年々増えており、今ではオーストラリアを始め計21カ国にもなります。その中には英語圏以外の国もあり、これからも少しずつ増えていくと言われています。

このワーホリビザがあれば、その土地で観光・就学・就労のすべてが可能で、英語を学びたいけど留学するほどのお金がない、という方にはぴったりのビザです。

英語を学びながら働き、その給料で語学学校に通うこともできます。自由度はかなり高く、使い方次第ではすごくお得に滞在ができるので、若者にとても人気です。

2.ワーキングホリデーで注意すべき申請資格

ここで気をつけてもらいたいのは、この夢のような制度、誰でも申請できるわけではないのです。ワーホリビザの対象者として、18歳〜30歳という年齢制限をもうけています。

このビザのもともとの狙いは、若い人にどんどんと海外に出てもらって、各国の文化を知ってもらおうというものです。

ビザが発行されてから1年以内に入国しなければならないという条件がありますが、万が一30歳の時に申請し、渡航したのが1年後の31歳だったとしても問題ありません。

重要なのは、申請時に何歳だったかということです。

もしあなたが現在30歳で行くかどうかを悩んでいるなら、申請だけでもしておくことをおすすめします。とりあえずビザを取得しておいて、その後1年間は悩める期間としてとっておいてもいいかもしれません。

ワーキングホリデーのビザ条件

・最高12ヶ月まで滞在が可能

・ビザの有効期限内であれば何度でも出入国可能

・同じ雇用主のもとで6ヶ月まで就労可能

・最高4ヶ月まで就学可能

3.オーストラリアのワーキングホリデーにかかる費用

3-1 ワーキングホリデービザ申請料

2018年のワーキングホリデービザの申請料は440AUSDです。日本円で約3万6千円(1ドル81円計算)です。年々値上がりしているので、来年はもっと高くなっているかもしれません。

また、このワーホリビザ申請料は国によって違うので、それぞれ確認が必要です。

3-2 パスポートの取得

ワーキングホリデーのビザは最大12ヶ月滞在可能なので、入国日から最低でも1年は有効期限が先でないと入国することができません。(後に説明するセカンドビザを考えている人は2年)

有効期限が1年未満の場合は、出国前にパスポートの更新手続きをする必要があります。

3-3 航空券の購入

オーストラリアと日本は格安航空も飛んでいるので、昔に比べて非常に安く航空券が買える時代になりました。上手くセール中を狙えば、往復5万程度で買える時もあります。

ワーキングホリデー