アメリカのイエローストーン国立公園でキャンプを最高に楽しむ

アメリカ キャンプ

アメリカの大自然に囲まれたイエローストーン国立公園。そんな国立公園でキャンプを楽しむことができるのをご存知でしょうか。

今回の記事では、そんなイエローストーン国立公園でのキャンプについて、実際に著者が体験したことを元に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.アメリカのイエローストーン国立公園でキャンプを満喫!

1-1 まず最初に!イエローストーン国立公園の魅力とは

アメリカ キャンプ

今回ご紹介する「イエローストーン国立公園」は、数あるアメリカの国立公園の中でも最も見どころが多く、アメリカの大自然、自然の神秘を肌で感じることの出来る国立公園です。有名な観光スポットはいくつもあります。

「オールド フェイスフル ガイザー」という間欠泉は、地面から熱湯が定期的に30メートルから50メートルの高さにまで吹き出し、とても迫力があります。

公園内にいくつも湧き出ている温泉は、バクテリアと鉱物によってエメラルドグリーン、ブルー、オレンジ、イエロー、グリーンなどの美しい色を生み出していて、自然の神秘を目の当たりにすることが出来ます。

草原地帯では、バッファローの群れやエルクの群れなどを目の前で見られる確率が高く、その迫力に誰もが大興奮すること間違いなしです。

1-2 イエローストーン国立公園でキャンプをする方法

アメリカ キャンプ

イエローストーン国立公園を満喫するには、キャンプをして数日滞在するのが断然おすすめです。イエローストーン国立公園の中には12カ所のキャンプ場があり、約2000ものキャンプサイトがあります。

アメリカの国立公園では、基本的には予約なしで、自分でキャンプ場を回って、空いているサイトを見つけます。イエローストーン国立公園の中にはあらかじめ予約ができるキャンプ場があります。

自分で探すのが不安な方は、あらかじめイエローストーン国立公園のウェブページで予約をしていくことをおすすめします。

予約が可能なイエローストーン国立公園内のキャンプ場

「Bridge Bay(ブリッジベイ)」

「Canyon(キャンヨン)」

「Fishing Bridge RV Park(フィッシングブリッジ アールヴィーパーク)」

「Grant Village(グラントビレッジ)」

「Madison(マディソン)」

です。

1-3 イエローストーン国立公園を最高に満喫する方法

アメリカ キャンプ

イエローストーン国立公園を最高に満喫するには、大自然を体感できるキャンプが一番です。そして、イエローストーン国立公園の数ある名所を車で回ってみましょう。

イエローストーン国立公園は、南部に多くの観光スポットが集中しています。イエローストーン川のある草原地帯などは、バッファローやエルクの群れに遭遇できる確率が高いです。

もし信号がないはずの公園内で車が渋滞していたら、それは、バッファローやエルクの群れが道路を横切っているからでしょう。

目の前に、たくさんの巨大なバッファローやエルクの姿を見ることができるのは、イエローストーン国立公園の大きな魅力です。

その際、野生動物に近づいたり、刺激するような行動は固く禁止されています。大変に危険なので車からは絶対に下りないようにしましょう。

2.アメリカでキャンプをするには?アメリカ流キャンプのご紹介

2-1 テント泊?キャンピングカーをレンタル?

アメリカ キャンプ

イエローストーン国立公園でキャンプをする方法には、主にテント泊かキャンピングカーに泊まる方法があります。テントに泊まる魅力は、やはり気温や空気感、香りや自然の音などを肌で感じることができることです。

反面、テントの設置、撤収などに手間がかかります。天候の変化への対応も時に難しくなることがあります。キャンピングカーに泊まる魅力は、テントの設置、撤収の時間がかからないことです。

温度調節が出来るので、天候の変化にもほとんど影響されません。いつでも快適な環境で眠ることが出来たり、キャンピングカー内で調理ができたり、トイレなども設置してある為、大変に快適です。

マイナス点は、キャンピングカーをレンタルすると、費用が高いということです。排水の清掃も自分たちでやらなければいけません。

2-2 アメリカ流のテントキャンプを紹介

アメリカ キャンプ

アメリカでは、キャンプがとても手軽なレジャーとして、人気があります。テントや道具などは大手スーパーに売られていて、値段もとてもリーズナブルです。

手軽にキャンプができるので、キャンプの楽しみ方もとてもシンプルです。イエローストーン国立公園は広いので、公園内の移動は車が基本になります。

テントの場合は、車に荷物を詰め込み車で国立公園に入るのが基本です。平均的なアメリカ人のキャンプのやり方の例をご紹介します。

キャンプ場に着いたらキャンプサイトを探し、テントを設置します。少し休んだら、早速観光スポットへ向かい、アクティビティーを楽しみます。

夕方、暗くなる前にキャンプ場に戻ってきて夕食の準備などを始めます。夕食はいたってシンプルで、食パンや缶詰めのスープなどで済ませます。

バーベキューでシンプルに、肉や野菜を焼いて食べるのも好きです。暗くなってきたら、焚き火を付けたりして、リラックスタイムです。

あたりが真っ暗になる頃にはテントへ入って寝る準備をして、早ければ8時頃にはテントに入っているので。夜のキャンプ場はとても静かです。

テントのキャンプの場合、気を付ける点は食べ物の保管です。クマがいるアメリカの国立公園には、キャンプサイトに必ず鉄製の扉付きボックスが設置されていて、食料はすべてそこへ保管する決まりになっています。

2-3 キャンピングカーをレンタルする場合は

アメリカ キャンプ

キャンピングカーの場合は、電気などが設置されているキャンピングカー専用のキャンプ場やサイトに滞在します。イエローストーン国立公園は、夏でも夜は10度以下になります。

寒くても雨が降っても、キャンピングカーの中で暖かく過ごせて、ゆっくり暖かいお茶を飲める環境はとても魅力的です。

キャンプサイトには電気があるので、キャンピングカーに設置してあるクーラーや電子レンジがつかえます。トイレもついています。

レンタル料は、一般的にレンタル料が4泊5日で大体650ドル(約7~8万円ほど。車種や円の相場によって値段は大幅に変わることがあります)、その他諸費用がかかります。

キャンピングカーをレンタルするには、日本語カスタマーサービスのある「エルモンテRVジャパン」が便利です。夏の期間は、たくさんのレンタルキャンピングカーをアメリカのあちこちで見かけるはずです。

夏の間キャンピングカーをレンタルするのはヨーロッパ人が多く、国立公園のキャンピングカー専用のキャンプ場では英語よりもヨーロッパの言葉を多く聞くかもしれません。

アメリカ人のキャンピングカー愛用者は、リタイア後の年配者が多く、大型バスのキャンピングカーでアメリカ中を長期滞在する人たちが多くいます。

3.アメリカ流キャンプの楽しみ方を徹底紹介

3-1 ハイキングを楽しもう

アメリカ キャンプ

アメリカでのキャンプの魅力は、何と言ってもアクティビティーです。アクティビティーの王道は、ハイキングです。イエローストーン国立公園には、魅力的なハイキングコースがたくさんあります。

インフォメーションセンターでハイキングコースのパンフレットをもらえます。車で回れる観光スポットはもちろん素晴らしいのですが、ハイキングをしなければ見られない、観光スポットはたくさんあります。

イエローストーン国立公園は広大で、ハイキングコースによってまったく表情が違います。ハイキングをしていて偶然にバッファローに出会うこともあります。

イエローストーン国立公園ならではのハイキングを、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

イエローストーン国立公園にはクマもいます。心配な方は、クマよけの鈴やクマ撃退用スプレーなど持参すると良いでしょう。

万が一クマに遭遇した時は、慌てず騒がず、走ってはいけません。クマに背を向けずに、静かに来た方向に後ずさりしながらその場を立ち去りましょう。

3-2 アクティビティー

アメリカ キャンプ

ハイキング以外にもイエローストーン国立公園には様々なアクティビティーがあります。

カヤックやボートなどのツアーには「日帰りコース」「泊りがけコース」などがあり、イエローストーン国立公園の奥まで行くことが出来るので、さらにイエローストーン国立公園を楽しむことが出来ます。

また、馬やラマに乗ってイエローストーン国立公園を散策できるツアーや、釣りが好きな方は釣りも楽しめます。

イエローストーン国立公園内で釣りをするときには、許可証を購入しなければいけないので、忘れないようにしましょう。3日間有効の許可証は18ドル、一週間有効の許可証は25ドルです。売店などで購入できます。

12月中頃から三月中旬頃は、スノーモービルのツアーなどがあり、イエローストーン国立公園は年間を通して楽しめます。

3-3 焚き火

アメリカ キャンプ

キャンプといえば、焚き火を連想する方も多いと思います。アメリカ人も焚き火は大好きです。キャンプサイトには、鉄製の焚き火用リングが設置してあり、その場所でのみ、焚き火をすることが出来ます。

キャンプ場には、管理人が住んでいるサイトがあります。(「Camp Host」(キャンプホスト)と看板が立っています)

管理人のいるサイトには焚き火用の薪が売られているので、購入することが可能です。

焚き火の火を失敗なく起こすために、アメリカ人は「ファイヤースターター(Fire Starter)」と呼ばれる着火剤を使います。

この着火剤さえあれば、確実に火を起こせるので大変に便利です。着火剤はアメリカのスーパーなどで手軽に購入することが出来ます。

焚き火の周りでゆっくりと過ごし、細い枝に刺したマシュマロを焚火の火であぶって食べるのは、アメリカ人の定番のお楽しみです。

4.最後に

いかがでしたでしょうか。イエローストーン国立公園を隅々まで楽しむには、キャンプが一番です。

大自然の神秘、野生動物との共存、真っ青な空、満点の星空、焚き火の暖かさ、朝のすがすがしい空気の中で飲む暖かいコーヒーなど、ホテルに泊まっていては感じることが出来なかった旅が、キャンプによって体験できるはずです。

イエローストーン国立公園には魅力がたくさん詰まっています。イエローストーン国立公園でキャンプをすれば、一生の思い出が出来ること間違いなしです。

アメリカ キャンプ